So-net無料ブログ作成

ひとり箱根駅伝・2008<その2> [退院後(マラソン編)]

2008年12月29日、いよいよ「ひとり箱根駅伝」の開幕です。

スタート地点は、東京・読売新聞東京本社前。…のはずですが、交通費節約のため、定期で行ける岩本町までは電車で、岩本町~読売新聞東京本社前までは走って移動です。

注)実質のスタート地点は岩本町なのでは?というツッコミは無しでお願いします。

まずは1区。東京を脱出して鶴見中継所へ。
ここらへんのコースは「実家ラン」 - 自分の家から実家へ走って帰るトレーニング - 等でおなじみのため、難なくクリア。
道もわかっているし上り坂・下り坂も練習には適度なコースで、足取りも軽く鶴見中継所でタスキを渡します。
渡すって誰に?もちろん、自分から自分へ。

そして、花の2区。
横浜横須賀道路ガード先から始まる権太坂へ、いざ。
各校のエースが名を連ねる花の2区。数々のドラマを生み出してきたこの難所に、果たしてどのように挑むのか…
とはいえ、ひとりなので、ひたすら自分と戦うのみなのですが。

17時過ぎ、メールがきました。
「今、権太坂[exclamation]キツい!!でもあとちょっと[あせあせ(飛び散る汗)]
ううむ。やはり権太坂。各校のエースも苦戦する権太坂。
走れ!姉。

18時半過ぎ。
「戸塚到着!!長かった…明日はもっと長い…[がく~(落胆した顔)]
おぉ!お疲れ様~。
長かった権太坂を抜け、無事に戸塚でタスキを(自分に)つなげたようですね。

明日は3区へGo!
コメント(0) 
共通テーマ:健康

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。