So-net無料ブログ作成

サハラマラソン・2009<その1> [退院後(マラソン編)]

サハラマラソンの出場を初めて聞いたのは、3年前の2006年。

最初は、何を言っているのかさっぱりわかりませんでした。

「サハラ砂漠を走るの?自分の食糧背負って?なんで?それってマラソンなの?

もしや、姉は普通に走ることに飽和してしまい、冒険家になるつもりなのか?と真剣に悩みました。

熊が出る北海道の山の中であっても、まだ、「マラソン」であれば身の危険は少ないので、妹としてはさほど心配ではありません。

でも、冒険家になっちゃったら…南極で犬の代わりに犬ぞりを牽くとか、金剛石林山(※沖縄北部の岩山)の岩壁を素手で登るとか、そういうことをするとなると、これはかなり心配です。

母親は多分、いや絶対泣くだろうし、夫や子供が懇願しても強行するだろうから、彼女を止められるのは妹である私しかいないかも、と密かに決意を固めていました。


敵のことを知らなければ攻められぬ、と、サハラマラソンについて調べてみると、一応、マラソンの部類に入るということが理解できました。

冒険家になるわけではないことがわかり、とひとまず安心。

マラソンならばしょうがない、100kmが230kmになるだけのことか。


予期せぬ病で1年間延期になってしまいましたが、2009年3月、姉は元気にパリへと旅立って行きました。
コメント(0) 
共通テーマ:健康

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。