So-net無料ブログ作成
検索選択
ギラン・バレー症候群とは ブログトップ

ギラン・バレー症候群とは [ギラン・バレー症候群とは]

ギラン・バレー症候群 (Guillain-Barré syndrome)

免疫系の病気で、広範囲に渡って末梢神経に障害が発生する多発性神経症です。
主に運動神経が障害され、左右対称性の四肢の筋力低下と腱反射の消失が起こり、両手両足が動かせなくなります。水や食物が飲み込みにくいといった嚥下障害や、目を動かすことができない、ろれつがまわらなくなるなどの症状が出る場合もあり、呼吸筋の麻痺が起こった場合は人工呼吸器による呼吸管理が必要になります。

人口10万人当たり1.5人が罹患すると考えられています。

科目は神経内科になります。


コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康
ギラン・バレー症候群とは ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。